井水式ユニットクーラー

uc01日本の国は地下水が豊富で井水を使って冷房すると電気代が90%程度節約できます。
猛暑対策・厚さ対策に最適!工場の省エネにも役立つエコな商品です。

  • スポット冷房なので建物は既設のままでOK!
  • 二連式、室内用の特殊タイプもあります。
  • 井水及び冷たい川の水、チラー等の併用(15~20℃)で冷房
  • 銅管×アルミフィン・焼付塗装(マンセル)
  • 使用場所:クリーニング工場・高温の作業場・既設の一般の工場・倉庫など

空気吹き出し温度は25℃程度ですが、事務所などとは違い工場・倉庫では体感温度として充分涼しくかんじられます。
冷却熱源はコストが掛かりません、必要なのはファンモーターの電力だけです。

井水式UCの特長・メリット

uc03

  • 井水式ユニットクーラーをご利用後の井水は水温が約10℃前後(17℃→29℃前後)高くなります。
    ご利用後の井水をボイラーに再利用していただくと、燃料費の節約になります。
  • 湿度が高い場合には、除湿効果も期待できます。
    (湿度が高いと不快指数も高く、湿気を取り除くだけで作業場の環境を良くします。)
  • 冬場には40℃の温水で十分な暖房ができます。
ユニットクーラー1台当たりの消費電力料金と水量
モデルタイプ Hz 電気代(定格出力で計算)
一日8h稼働※1
水量
1日8h稼働※2
SC-N126w 50 約8円 8.8ton
60 9.0ton
SC-N146w 50 約16円 13.5ton
60 14.5ton
SC-N166w 50 約32円 17.5ton
60 18.9ton
SC-N186w 50 約64円 23.5ton
60 25.3ton
SC-N206w 50 約64円 25.2ton
60 27.0ton
SC-N246w 50 約120円 31.7ton
60 34.0ton

SUS304仕様

※1:1kwhあたり20円で計算
※2:井水式ユニットクーラー参考水量
水量が足りないと十分な能力が出ません。上記表を参考に水量があるかご確認ください。

食品工場・製薬工場など衛生面に気を使う工場でもお使いいただけるように、ケースがSUS仕様タイプもあります。

 

 

uc02

詳しい仕様・スペックの資料請求や、設置・使用環境などのご相談はお気軽にお問い合わせください。

btn01